YAMAHA TZR250

TZR250
YAMAHA HPより

HONDA NSR250R、YAMAHA TZR250、SUZUKI RGV250γこの3台は今でも「かっこいい」と思えるマシンたちです。またがったことがある人ならわりますよね?あの強烈な加速。いまでこそゆったりマシンを流したいと思う年齢になってしまいましたが、この3台がバリバリの現役の時は「速さ」=「かっこいい」みたいな。

2輪レースの当時の最高峰GP500も迫力がありました。2サイクルの甲高いエンジン音と共に暴れるマシンを抑えながら疾走していくレーサーは紛れもなくヒーロー。

ホンダファンなら、スペンサーやワイン・ガードナー、ヤマハファンならエディー・ローソン、ランディ・マモラあたりでしょうか。
話が少し脱線しましたが、そんなGPレースのれサーレプリカがYAMAHAのTZR250です。

TZR250の歴史

初代登場は1985年。純レーシングマシンであるTZ250の公道仕様とも言えるハイスペックモデルでした。
当時のライバルモデルであったホンダ・NS250Rに人気は押されていたものの、そのハンドリングは定評があり、今でもコアなファンがいるようです。

TZR250
TZR250 1k後期モデル 後方排気に変更

エンジンは、NSRやRGVγがV型2気筒を採用しているのに対して、ヤマハは並列2気筒。1991年発売の3代目(型式3XV)からV型を採用しました。
1999年に販売が終了されました。

tzr250-spr
3代目TZR250SPR

初代TZR250の主要スペック

名称:TZR250(1KT)
全長×全幅×全高: 2,005mm × 660mm × 1,135mm
ホイールベース:
シート高:
乾燥重量:126kg
エンジン形式:水冷, 2ストローク, 並列2気筒, 249cm³
ボア×ストローク :81.0×72.0mm
総排気量:249cc
最高出力:33.1kW(45.0PS)/ 9,500r/min
最大トルク:34.3N・m(3.5kgf・m)/ 9,000r/min
燃料供給装置:
燃料タンク容量:
トランスミッション:
クラッチ形式:湿式多板コイルスプリング
フレーム形式:
キャスター / トレール:
フロントフォーク:
リアサスペンション:スイング・アーム式
ブレーキ形式(前 / 後)油圧式シングルディスク / 油圧式ディスク
タイヤサイズ(前 / 後):

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail