いやー、本田さんもすごいこと考えます。
2013年・2014年のFIMロードレース世界選手権(以降 MotoGP)のMotoGPクラスにおいて2連覇を達成した競技専用マシン「RC213V」を一部仕様を変更して市販車として販売するのです。

その名も「RC213V‐S」。
商談が7月13日(月)より開始されるそうです。

価格は、欧州税込188,000ユーロ(ドイツ※1)、日本税込21,900,000円、オーストラリア税込244,000オーストラリアドル、アメリカ184,000USドルに設定しています。

こちらはレース仕様のRC213V

RC213V
RC213V

そしてこちらが「RC213V‐S」
RC213V‐S

RC213V‐S

今回の「RC213V‐S」は、これまでのレーサーレプリカのようなHondaがレース参戦で得た技術の市販車への還元ではなく、MotoGPに参戦するために開発したマシンを一般公道で走行させるという新たな試みだそうです。

結構売れるんでしょうね。一度乗ってみたい。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail