HONDA VFR750R RC30

1986年から発売されたVFR750Fシリーズは、レーサーのレプリカマシンではなく、高速ツアラーとして市場に投入され当時レプリカブームにあった中では、あまり人気が出なかった。

しかし、ホンダは1987年8月にプロダクションレースのベース車両としてのホモロゲーションマシン「VFR750R(通称RC30)」を発売。国内での販売価格が148万円と量産車としては当時最高のものだったにも関わらず、チタン合金製のコネクティングロッドやマグネシウム合金製のシリンダーヘッドカバーなど内容的には破格なもので、1,000台限定の販売枠に購入希望者が殺到し抽選により販売された経緯を持つ。

VFR750R(通称RC30)

レーサーの血を引くサラブレッド

当時8時間耐久レース等で活躍していた、ワークスレーサーRVF750の血を引き継いでおり、その装備と性能は群を抜いていた。どちらかというとレースに使用しているマシンに保安部品をつけ公道を走れるようにしたマシンと言う方が正しいかもしれない。

一例が、チタン合金製のコネクティングロッドやマグネシウム合金製のシリンダーヘッドカバー、クロームモリブデン浸炭鋼製のカムシャフト、FRP製のフェアリング、及び航空機廃材をリサイクルしたジュラルミン材によるハンドルやステップ、各種ステーなど。
まさにホモロゲーションマシンとして、そのままレースに出場できる程の装備と性能を持っていた。

事実様々なレースで活躍し、1988年には世界スーパーバイク選手権において、初代チャンピオンにマシン輝いている。

主要スペック

型式
RC30
全長(m)
2.045
全幅(m)
0.700
全高(m)
1.100
軸距(m)
1.410
最低地上高(m)
0.130
シート高(m)
0.785
車両重量(kg)
201
乾燥重量(kg)
180
乗車定員(人)
1
燃費(km/L)
32.2(60km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m)
3.3
エンジン型式
RC07E(水冷4サイクルDOHC4バルブV型4気筒カムギアトレーン)
総排気量(cm3)
748
内径×行程(mm)
70.0×48.6
圧縮比
11.0
最高出力(PS/rpm)
77/9,500
最大トルク(kg-m/rpm)
7.1/7,000
始動方式
セルフ
キャブレター型式
VDHO
点火方式
CDI式バッテリー点火
潤滑方式
圧送飛沫併用式
潤滑油容量(L)
3.8
燃料タンク容量(L)
18
クラッチ形式
湿式多板ダイヤフラムスプリング
変速機形式
常時噛合式6段リターン
変速比
1速 
2速
3速
4速
5速
6速
2.400
1.941
1.631
1.434
1.291
1.192
減速比(1次/2次)
1.939/2.500
キャスター(度)
24°50′
トレール(mm)
91
タイヤサイズ   
120/70-17-58H(バイアス)
170/60R18 73H(ラジアル)
ブレーキ形式
油圧式ダブルディスク(フローティングディスクプレート)
油圧式ディスク(フローティングキャリバー)
懸架方式
テレスコピック
スイング・アーム(プロアーム)
フレーム形式
バックボーン(ツインチューブ)

※HONDAホームページより

私の思い出

私自身このマシンに乗ったことはありません。乗ったことがあるもっと身近なマシンはVFR400R。もちろんRC30と比べられるものではないにしても、独特のV4サウンドとコンパクトな車体そして方持ちのスイングアームがインパクトはありましたよね。

そうそう、RC30のプラモデルを作った記憶があります。確か付属のカウリングパーツは透明で、中をスケルトンで見えるようにできたような気がします。
プラモデルを作ることで、エンジンのコンパクトに改めて感心しました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail